· 

ポジション?

パートナーと組んだときの組み方をポジションといいます。

ポジションには種類があり、ボールルームダンスを踊るときには、今どのポジションで組んでいるのかが、とても大事です。

なぜなら、ポジションによって進める向きや足が着く位置が、違うからです。


・クローズドポジション

男性、女性が向かい合ったポジション

前後方向に移動できます。


・プロムナードポジション

男性の右側の腰、女性の左側の腰が近づいて、V字のようになるポジション

その際、ホールド(胸の高さ辺りの向き)は向かい合ったまま平行を維持します。

男女が一緒に前進する為のポジション

後退すると「ファラウェイポジション」というポジションになります。


・アウトサイドポジション

男性、女性が進む向きに対して斜めに向かいあったポジション

クローズドポジションと似ています。前後方向に移動できます。その際、足はパートナーの足の間ではなく外側に着きます。


・レフトサイドポジション

いつもは、男性、女性の右側が触れていますが、このポジションでは、左側同士が触れます。(ex:ウィング、ホバークロスというステップのときになります。)


・カウンタープロムナードポジション

プロムナードポジションの反対の腰が近づいたポジション

男性の左側の腰、女性の右側の腰が近づいて、V字のようになるポジション


ステップの中では、ポジションはどんどん変わっていきますが、踊っているときに、今どのポジションで組んでいるのか意識すると曖昧な感じがなくなり、踊りやすくなりますよ。

また、どんなステップなのか捉えやすくなります。