· 

脊柱=背骨

・「脚は鳩尾から」よく聞きます。

・ボールルームダンスの反ったようなシェイプは、どこから作るのか?


全身の支持の要である、背骨で考えてみましょう。


背骨は、

頸椎(cervical vertebra7

胸椎(thoracic vertebra12

腰椎(lumbar vertebra5

仙椎(sacrum5

尾椎(coccyx35

でできています。


屈曲・伸展(丸める、反る)

回旋(ねじる)

側屈(伸ばす、縮める)

三次元の運動が可能です。


それぞれの可動域は、


頸椎

屈曲35°~50°

伸展80°~95°

回旋左右約90°

側屈左右約40°


胸椎

屈曲30°40°

伸展20°25°

回旋左右約30°

側屈左右約25°


腰椎

屈曲50°

伸展15°

回旋左右約

側屈左右15°20°


ふむふむ


腰椎は5°しか回旋(ねじる)できず、胸椎は30°回旋できます。合わせて35°回旋できます。

これから、腰を回すというのは、実際は胸椎で回旋をしているといえますね。

「脚は鳩尾から」というのは、ここからきているのでしょう。


屈曲(丸める)は、胸椎約30°40°、腰椎が約50°、と腰椎が大きいのに対して、

伸展(反る)は、胸椎20°25°、腰椎約15°、と胸椎の方が大きいです。


ボールルームダンスで、腰から倒れるように反ってしまうと駄目だということが、ここからもわかります。腰から反ってしまうと元々の可動域が狭いので、腰が痛くなってしまいますものね。胸椎から反るようにしましょう。


屈曲)胸椎30°40°、腰椎50°

計、80°90°


伸展)胸椎20°25°、腰椎約15°

計、35°40°


回旋)胸椎左右約30°、胸椎左右約

計、左右約35°


側屈)胸椎左右約25°、腰椎左右約15°20°

計、40°45°


ペイントで図を描いてみました(^^)